TransphormHighest Performance, Highest Reliability GaN

TPH3212PS

650V 72mΩ カスコードGaN FET、TO-220パッケージ

TPH3212PS 650V 72mΩ 窒化ガリウム(GaN)FETは、ノーマリーオフのデバイスです。Transphorm GaN FETは、低ゲート電荷、高速スイッチング、低逆回復電荷による高効率を提供し、従来のシリコン(Si)デバイスに対し大きな優位性を示します。TPH3212PSは、業界標準の3リードTO-220で、コモンソースのパッケージ構成となっています。

主な仕様
最小ドレイン・ソース間電圧:VDS (V) min 650
最大ドレイン・ソース間過渡電圧:VTDS (V) max 800
最大ドレイン・ソース間オン抵抗:RDS(on) (mΩ) max* 85
逆回復電荷量:Qrr (nC) typ 90
ゲートチャージ電荷量:Qg (nC) typ 14
*動的オン抵抗

主な特長

  • 駆動が容易 — 標準ゲートドライバと適合性あり
  • 導通損失およびスイッチング損失を低減
  • 90nC という低Qrr値で、フリーホイールダイオードは不要
  • GSDピンレイアウトによる高速デザイン性の向上
  • JEDECスタンダードをクリアしたGaNテクノロジー
  • RoHS適合でハロゲンフリー

主な利点

  • より効率の良いトポロジーが実現可能 — ブリッジレスのトーテムポール型デザインの実装が容易
  • 高速スイッチングによる効率の向上
  • 電力密度の向上
  • システムのサイズおよび重量の低減
  • BOMコストの縮小

Output Power (W)

Output Power (W)

アプリケーションノート

AN0010: GaN FETs in Parallel Using Drain Ferrite Beads and RC Snubbers for High-power Applications
AN0009: Recommended External Circuitry for Transphorm GaN FETs
AN0008: Drain Voltage and Avalanche Ratings for GaN FETs
AN0002: Characteristics of Transphorm GaN Power FETs
AN0003: Printed Circuit Board Layout and Probing for GaN FETs
AN0004: Designing Hard-switched Bridges with GaN
AN0006: VGS Transient Tolerance of Transphorm GaN FETs

Design Guides

DG004: Multi-pulse Testing for GaN Layout Verification | DG004 DSP Code
DG005: Ultrafast Overcurrent Breaker Circuit for Prototyping | DG005 Design Files

評価キット

Transphormは様々なトポロジーの評価キットを用意しています。

今すぐ購入

Transphormの全製品はDigi-Keyで購入することができます。

  • TPH3212PS 650V GaN FET in TO-220 (source tab)
Back to top